コルナゴ

床の間サイクリスト

コルナゴ
コルナゴ

タイトルの「床の間サイクリスト」とは、自転車を床の間に飾っておくだけで、実際に乗って走ることがほとんどない自転車乗りのことです。
飾っておくだけの自転車を「床の間自転車」などと呼んだりします。
私はまさにこの「床の間サイクリスト」でして…。(笑)
しかし、このままでは慢性的な運動不足がまったく解消できないため、なんとかしなければなりません。
といいつつ気ばかり焦ってもう何年…。(笑)

私はアレルギー持ちのため、日中太陽の下で汗をかいて運動することはできない身体なので、インドアというのが必須条件になるのですが、10年ほど前にローラー台(3本ローラー)という、自転車を上に乗っけてハムスターのようにペダルをこぐための器具を買って所持しており、これを使用するのが一番手っ取り早いのかなと思いました。

ただ、ローラー台というのは、正直言って「つまらない!」
いつまでペダルを回しても、周りの景色が変わるわけでもないし、上り下りの変化もないし、前から風が吹いてこないので暑いし、慣性が働かないのでペダルを止めたらすぐ自転車が止まってしまうし…。実際に、道を実走するほうがよほど楽に走れます。ローラー台は風の抵抗を受けないので一見楽そうに見えますが、実は逆なのです。
そういうこともあって、ローラー台はモチベーションを維持するのが大変。

前置きが長くなってしまいましたが、とにかく退屈なローラー台を少しでも回すためには、やはり目標を決めることと、記録を取ることが大事なのではないかと思っています。
で、今回は知人にアドバイスをいただきながら、モチベーションを維持するためのグッズを購入したのでご紹介します。

CATEYE PADRONE SMART
CATEYE PADRONE SMART

サイコン(サイクロコンピューター)本体とスピード・ケイデンスセンサーと心拍センサーの3点セットです。
(ケイデンスというのはクランクの回転数です)
Bluetoothでスマホとも接続します。また、スマホから計測データをSTRAVAなどのサイトにアップロードすることで、走行ログを記録することもできます。

サイコン本体
サイコン本体
サイコン装着
サイコン装着

装着する前に、センサーとの接続設定を行ったのですが、ちょいとばかし苦労しました。説明書があまりにも簡単すぎて、なかなかその通りにならなくて…。ま、私が悪いんですが。

スピード・ケイデンスセンサー
スピード・ケイデンスセンサー
ケイデンスセンサー取り付け
スピード・ケイデンスセンサー取り付け

スピード・ケイデンスセンサーの取り付けにはかなり苦労しました。というのも、コルナゴ(私の自転車)のフレームの断面は楕円ではなく、ちょっといびつな形をしていますので、取説にあるような取り付け方をしたのではセンサーがグラグラしてカチッと固定ができないのです。結局は、付属のゴムの台座は使わず、本体を直接フレームにゴムの両面テープで固定し、結束バンドで締めるという方法で固定することになりました。クランクに取り付けた磁石とセンサーとの間隔は大変狭いので、何かの拍子にセンサーの固定位置がずれたりすると、クランクとセンサーが衝突する危険性もあるのですが、そういうことが起こらないように祈るしかありません。

CATEYE CYCLINGの画面
CATEYE CYCLINGの画面

スマホにインストールしたアプリ Cateye Cycling の画面です。
STRAVA(走行記録管理アプリ)にも登録してみました。

さあ!あとは乗って実際に走るだけです!
・・・って、まだ乗ってないのかよ!?
というツッコミが聞こえてくるようです。(笑)
いや、ここまでのセッティングで時間を浪費してしまいましたので…。ついでに私の頭の中も無駄に浪費…。(次回へ続く?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です