Photoshopのセミナー参加

10倍ラクするPhotoshop仕事術
10倍ラクするPhotoshop仕事術

2015年10月16日
JAGRA徳島 特別セミナー「10倍ラクするPhotoshop仕事術」鷹野 雅弘 氏の講演を拝聴させていただきました。

鷹野氏が例として使用する画像は、ご自身が実際に普段撮られているスナップ写真などのため、Adobe公式サイトに実例として掲載されている画像のように都合良く一発で修正できないことが多いのですが、それは私たちが日常的な仕事の中で、まさに現場で起こりうる問題点なわけで、「そうそう。それが聞きたかったのよ」という、かゆいところに手が届く解説が大変ありがたかったです。
あと、ここ最近のPhotoshopでは「コンテンツに応じる」(略して…は、ネタバレだからここでは言うのやめときます)がキーワードだそうです。

Photoshopはほぼ毎日仕事で使っているため、ほんの少しのスピードアップの積み重ねでトータルでは大きな時短に繋がるということを教わり、とてもためになるお話が聴けてよかったです。仕事に活かしていきたいと思います。

そうそう。
Adobeさんから記念品をご提供いただいたとのことで、じゃんけん大会をしたところ、なんと優勝してしまいまして。
もらっちゃいました!
ありがとうございます。

USBメモリ
USBメモリ

 

セミナー後の懇親会も参加いたしました。

中央は講師の鷹野氏
中央は講師の鷹野氏

ヴァイオリン協奏曲

チョン・キョンファ
チョン・キョンファ

ここ数日、超急ぎの仕事が複数あって、ちょっと疲れ気味な私ですが(笑)、そんなときに束の間の安らぎを求めて、クラシック音楽を聴いたりしてます。
クラシックは子どもの頃から好きでよく聴いていました。
写真のCDは、もう忘れるぐらい遠い昔のことですが、たぶん20数年前ぐらいに中古CD屋さんで見つけて買ったものです。
チャイコフスキーとメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲の組み合わせで、通称「メン・チャイ」と呼ばれてますが、ヴァイオリンのソロは「チョン・キョンファ」という方です。
チョン・キョンファご存じですか? 詳しくはネットで調べてみてください(笑)。
このCDはチョン・キョンファ33歳の頃の演奏です。(現在は67歳)
1981年7月の録音とありますので、ちょうど私が自転車日本縦断で九州付近を走っている頃に、彼女はこの演奏を行っていたというわけですね。
「メン・チャイ」のCDは数多くの演奏者・指揮者・オーケストラで世に出ていますが、特にチャイコフスキーのほうは、私が今までに聴いた他のどの人の演奏よりも、このチョン・キョンファの演奏は刺激的で、攻撃的で、例えて言うならば鋭い刃物ではらわたをえぐられるような(えぐられたことはないが)、そんな感覚を覚えます。
また、YouTubeでチョン・キョンファを検索すると、たくさん出てきますが、その中でも、まだハタチそこそこぐらいの歳にもかかわらず、このチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を堂々と自信たっぷりに演奏している映像があり(事実、彼女はチャイ・コンを最も得意としている)、それを見ると、音もさることながら、演奏しているときの身体の動きはまるで野獣と格闘しているかのようです。(音も鋭利な刃物ですが動きもそれ以上に鋭いです)
CDでは音だけしか聞こえませんが、映像も一緒に見ると、聴覚と視覚の両面から楽曲を楽しむことができるのでお勧めです。
もちろんコンサートなどで生演奏を聴くのが一番だとは思いますけどね。
とにかく、お勧めの一品です。

一周年

ワシントンヤシモドキ
ワシントンヤシモドキ

今日は、株式会社ピクセル工房の設立記念日。
株式会社になって、今日で丸1年です。
個人事業主時代を含めますと11年目ですが、振り返ってみると、よくまあこんな不況の中で、しかもレッドオーシャンなどと呼ばれる業種で10年以上もやってこられたなと(笑)。
もちろん、ひとえに皆様方のおかげであることは言うまでもありません。
応援していただいてありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

思うに、たとえ儲からない商売であろうとも、私自身が楽しんで仕事をしているからこそ続けてこられたのかなという気がしています。
「仕事というのは、嫌なことをするからお金がもらえるんだ」と言う人もいますが、お金がもらえるからといって嫌なことをしても楽しくはありません。
論語に、「好きなことを仕事にすれば、一生働かなくてすむ」というのがあります。さて、あなたはこれをどう解釈しますか?