電子部品

電子部品
─ 電子部品 ─

とある機械が調子悪くて、制御盤をちょっと開けてみました。
ん?
基板の上にたくさんの電子部品が並んでおりますが、その中のひとつの電解コンデンサの頭が膨らんで、亀裂がさけ、液漏れした形跡が見られます。
こいつが調子悪い原因か?
私は素人なのでこの制御盤の構造はまったく分からないのですが、素人でもこれがダメということぐらいは分かります。
これを交換したからと言って、この装置が治るという保証はどこにもないです。もしかするとこれ以外にも壊れている部品はあるかもしれませんからね。
ですが、少なくともこの小さな部品がダメになっているのは間違いないので、ダメ元で部品屋さんに行って電解コンデンサを買ってきました。
基板から古いコンデンサを外すと、足が片方腐食して根元から折れていました。
新しいコンデンサを半田付けして元の制御盤に取り付け、再び通電。
・・・・・

治った・・・・・!

奇跡だ!

キターッ!架空請求

架空請求のはがき
─ 架空請求のはがき ─

やった~!
ついに我が家にもやってきました!
架空請求はがき。
(喜んでどうする。笑)

もちろん身に覚えはないので、書いてある連絡先の電話番号や「民事訴訟管理センター」とやらをネットで検索。
すると、出るわ出るわ。架空請求の記事がワンサカ。

皆さんも、このようなはがきが来た場合、無視しましょう。
絶対に、記載の連絡先に電話はかけないでくださいね。あなたの電話番号がバレちゃいますよ。

健康診断3日目以降

トイレ
─ トイレ ─

3日目。
午前中に便意。前日の深夜に白い軟便が少量出ましたが、3日目はまた下痢便です。下剤の影響は結構続いているようです。
しかし、便の色はもうほとんど通常の色に戻っているように見えました。(下痢なのではっきりとはわかりませんが)

その後は便通がありません。
健診センターでもらった下剤も2回分だけだったので、すでになくなっております。
バリウムは全部排出されたのでしょうか?
次の便までは不安です。

 

4日目。
丸一日便通はありませんでした。
まあ、日頃からどちらかというとやや便秘傾向で、毎日は出たり出なかったりですし、下痢のあとは何日も出ないということも過去にはよくあったので、1日ぐらい出なくてもあまり気になりませんが、バリウムが固まっているせいで出ないのだとするとこれは大変です。
しかし、3日目の色はほぼ通常に戻っていることからみると、バリウムはほとんど出てしまったのではないかと考えます。・・・いや、そう思いたいです。

 

5日目。
午前中に便意!
通常の便が出ました!!
よかった~。これでようやく健診前の状態に戻りました。
一安心です。

あとは、初日のブログにも書きましたとおり、血液検査等の結果待ちということになります。これが届くまでは安心していられませんので、・・・早く来てくれ!!

健康診断から2日目

健診
─ 健診 ─

検査当日(昨日)、午前8時から始まり、すべての検査が終了したのが午前9時半ごろでした。
そして、胃の透視を行った際に飲んだバリウムにはあらかじめ下剤も入っていると説明がありました。
家に帰って、ご飯を食べた後、12時半ぐらいに便通がありました。前日の夜から17時間以上絶食状態だったので、おそらくは前日分の便だと思いますが、通常の便の周りに白いバリウムと思われるものが全体を包んでいるというか絡まっているような感じでした。しかし時間的に早いということと、排泄されたバリウムの量的に少量だったので、まだまだ体内に残っていると思いました。

さて、それから夜にかけては、ずっとおなかが張った感じで、腹痛も伴いました。ガスが溜まっているような気がします。バリウムを飲むときに一緒に発泡剤を飲みますので、それが検査終了後におならとなって出て行くようです。確かにおならは検査後結構出ました。でもまだおなかの中には残っているような感覚です。
バリウムに下剤も入っていると言っていたけれど、お昼に出たあとは全然出ません。
水を多めに飲むようにとの指示があったので、何度か水分補給しましたが、便は出ずに尿の回数が増ただけでした。

なにしろ、バリウムを飲むのは今回が初めてです。
なんでもそうですが初めての時はなにかと不安になりますね。
ネットでいろいろ調べてみると、バリウム便が出ずに腸内で固まってしまうと、最悪は腸閉塞になって開腹手術になるケースもある(死亡したケースさえある)とか。
なんだって~~~??!!
そんな恐ろしいことを・・・Σ(゚д゚

しかたがないので、検査後にもらった錠剤の下剤を、夜寝る前に多量の水と一緒に飲みました。

 

本日(2日目)

昨夜飲んだ下剤が効いてくるのは7時間後ぐらいらしいので、朝には便通があると思いましたが、午前中はその気配はなく・・・。
多少おなかの張りと軽い腹痛が残っています。
しかし12時半ごろ、ようやく下剤が効いてきだしたのか、便意を催してトイレに駆け込みますと、で、で、出ました~~。噂に聞く白いウン○が~~~!
下剤の影響からか結構柔らかいです。
ただ、量的にはまだまだ残っていそうな雰囲気なので、もう一回分もらっていた下剤を飲みました。

それから午後2時半ぐらいにも少量の、さっきよりも柔らかい、そしてさっきよりも更に白い便が出ました。
でもまだおなかの中には残っていそうです。

そしてそして、午後7時前ぐらいに、本日3度目のトイレ。
時間的にみて、お昼に飲んだ下剤が効いてきたようです。今度は完全なる水様便。便器の中の水は真っ白に白濁しています。

 

まだまだバリウムが完全に出きってはないと思いますが、腹痛はほぼ治まったし、だいぶすっきりしてきました。あともう少しだと思います。
ネットの情報では、何日バリウム便が続くかは人によってまちまちですが、2~3日ぐらいで通常に戻るという人が多いようです。しかし、中には1週間以上かかったという人もいます。
今回私は初めての経験なので、今の状態は普通なのか異常なのかもわかりません。いつもの便に戻ればバリウムが出きったと言えるらしいので、それまでしばらく様子を見るしかないです。

はあ~~~。しかしこんなに大変だとは思っていなかったので(事前にもっと情報を収集して心の準備をしておくべきだった)、これなら胃カメラのほうがまだマシなのかな?
とは言いつつ、実は胃カメラも未経験です。

 

その後

この記事を書いた後、夜12時過ぎごろに極少量の便が出ました。まだ真っ白です。この様子だとまだまだかかるのかな。

健康診断

健診
─ 健診 ─

行ってきました。
法人化してから初めての健診です。(法人化まる3年ですが、過去2回はボイコットしてしまいました。笑)
検査項目も、以前に個人事業主だった頃の健診に比べかなり増えております。
・心電図
・胃透視(バリウム)
・胸部レントゲン
・血圧測定
・血液検査
・視力検査
・聴力検査
・身長、体重、腹回り測定
・便検査(前日、前々日に採取)
・尿検査
・診察

生まれて初めて体験するバリウム。
前日の晩飯以降絶食ですが、バリウム(発泡剤含め)飲むと胃がパンパンになり、結構苦しいです。しかもその状態でベッドの上でグルグルと体を回転させますので、はっきり言って気分悪いです。

8時から始まって、検査が終了したのが9時半ごろ。
健診を受けに来ている人は大勢居ましたが、意外と早く終わったかな。
最後の診察時に、胸部レントゲンや胃透視、心電図等の検査結果について説明がありましたが、特にどこも異常はないようです。

あとは血液検査等の検査結果が郵送されてくるのをビクビクしながら待つのみです(笑)。

四国三郎橋

四国三郎橋
─ 四国三郎橋 ─

あいかわらず、夜走ってます。
今年5月から走り始め、昨日で33回になりました。
少しずつ距離も伸ばしてます。スピードはカメのようにのろいですが、じわじわと上がってきました。
四国三郎橋の上では、大勢のランナーとすれちがいます。真夏でも1時間に10人以上は見かけましたが、涼しくなってきた今ではもっと多いです。
周りは速い人ばかりなので、いつも抜かれますし、追いつこうと思ってもどんどん離されます。(あ、皆さんが速いというよりも私が遅すぎるのか)

まあ、無理をせずにマイペースで行きますけどね。

札幌出張

明石海峡大橋
─ 兵庫県上空 ─

22日から24日まで札幌に行ってきました。
北海道にいるクライアント様とホームページの件で打ち合わせ。
(ついでに札幌観光)

着いた日の北海道は雨だったこともあり、比べるまでもなく徳島よりは涼しく、特に夜になると長袖のシャツでも少し寒いと感じました。

夜はクライアント様にお会いしました。
また、いろいろ相談もさせていただいたりしてお世話になりました。

二日目は天気良くなり、札幌市内を観光。
この日は気温も上がり、汗がにじむほどでした。

北海道大学構内

北海道大学構内ハス池
北海道大学構内

 

札幌市有形文化財 清華亭
札幌市有形文化財 清華亭


 

旧北海道庁
旧北海道庁

 

札幌時計台
札幌時計台

 

大通り公園からさっぽろテレビ塔を“つまむ”
大通公園からさっぽろテレビ塔を“つまむ”

 

北海道神宮
北海道神宮

 

三日目はまたしても雨。

札幌駅
札幌駅

 

遠くに富士山が見えました
遠くに富士山が見えました

 

もうすぐ着陸
もうすぐ着陸

 

阿波おどり空港
阿波おどり空港

 

はい。帰ってきました。
うわっ!!
徳島は暑い~~!

座りすぎ?

パソコン作業
─ パソコン作業 ─

昨日、某テレビ番組を見ていてゾッとしました。
座りすぎると寿命が縮むというお話です。

パソコン作業がメインのお仕事の方は、私と同様、1日のほとんどを座って過ごすと思われますが、あらためてザッと計算してみますと、私の場合、外出の予定がない日は1日10時間ぐらい座っているような気がします。(連続ではない)
座っている時間が長すぎると、下肢の血流が悪くなると言っていました。当然、下肢だけでは収まらず、影響は体全体に及びます。
連続的に長時間座り続けず、時々でも立ち上がるように心掛けなければならないそうです。

それと、「自分は、休みの日や仕事の時間外などに適度に運動しているから大丈夫」・・・というのも間違いらしいです。
たまの運動では、日頃長時間座り続けていることを「帳消し」にはできないのだそうです。
ここで思いました。「はっ!これは私そのものじゃないか!」と。
日頃の慢性的な運動不足を少しでも解消できればと、自転車やランニングなどをしているのですが、運動不足は多少改善しても、長時間座り続けによる血流の不良は、解消されないようです。

番組では、とあるオフィスで高さを自由に調節できるデスクを使って仕事をしている様子を紹介していました。
つまり、時々デスクの高さを上げて、立ってパソコン作業をするというものです。
なるほど。
そういえば、ちょっと違う話かもしれませんが、ずいぶん昔に聞いた話では、「骨(特に足)は縦方向にある程度の負荷をかけなければならない」のだそうです。
座っていたのでは縦方向に負荷がかかりません。

私も気をつけて出来るだけ立って仕事をしようっと。
(でも立ちっぱなしだと足がだるくなってくるんだよなあ・・・)