3,000km突破

3,000km突破
3,000km突破

今年1月末頃から再開したローラー台。
オンラインで世界中の自転車乗りたちと繋がるZwift+STRAVAによって、本来退屈きわまりないローラー台を、飽きることなくこぎ続けることができ、ついに6ヶ月目にして走行距離が3,000kmを超えました。
これはほぼ日本縦断に等しい距離です。ちなみに前回バーチャル日本縦断をしたときは、なんと9年もかかってしまいましたから、今回6ヶ月弱で日本縦断を成し遂げられたのは快挙と言えるでしょう!(笑)
まあ、あくまでワタシ的に…ということですが、35年前にリアル日本縦断したときは26日間でしたから、それに比べたら全然ですね。当時は私も若かったですからね。

今はもちろん仕事の合間に、運動不足解消のために走っている(回している)のですが、実は少し悩みがあります。
それは・・・お尻や、(ピーーー)が痛くなる、または痺れてくることです。5分や10分程度なら全く問題ないですが、数十分も回すと圧迫している部分の血流が悪くなるのか、痺れてきます。これはサドルの形状やポジションが原因と思われますが、私のロードに付いているサドルは痛みや痺れの対策はできていない形状のようですね。穴も空いていないしセンターにわずかに溝があるだけでほとんどフラットです。

サドル
サドル

ポジション&セッティングをいろいろ試したりもしました。サドルを水平よりも少し前下がりに取り付けてもみましたが、確かに多少効果はあるものの、やはり圧迫は解消されていません。あまり前下がりすぎると、走っている最中にお尻の位置がどんどん前に滑っていきますので、それも限界があります。(ピーーー)そのものが圧迫されているのではなく、(ピーーー)よりも下の部分がサドルの上面に押しつけられていることで、徐々に血流が悪くなっているのだと思います。
普通に町中を実走するときは、信号待ちもあったり、ときどきお尻を浮かしたりずらしたりもするのですが、私はもっぱらローラー台の上で黙々と走り続けていますから、ほとんどお尻はサドルに乗ったままです。ローラー台ではダンシング(立ち漕ぎ)もしませんからね。

最近のサドルは中央部に溝があったり穴あきだったりするものが多くなっています。これは痛みや痺れ対策が施されているということだと思います。
というわけで、痛くない、痺れないサドルを物色中。

締太鼓型根付

締太鼓型根付
締太鼓型根付

先日ご注文いただいた、締太鼓型根付が完成し、納品いたしました。
阿波おどり情報と鳴り物型アクセサリー販売のサイト「阿波おどり三昧!」では、締太鼓型根付以外に、締太鼓型ストラップ、締太鼓型印籠、大太鼓型ストラップ、大太鼓型根付、宮太鼓型印籠、おおかわ型ストラップ、おおかわ型印籠、ひょうたん型根付を製作・販売しております。
お盆本番が近づいてきましたので、ご注文は7月31日までとさせていただきます。
欲しい人はお早めに!

阿波おどり三昧!
http://awaodori-zanmai.com/