三日坊主で終わらずに…

1,000キロ超えました
1,000キロ超えました

1月下旬ごろからバーチャルライド「Zwift」を始めて、およそ2ヶ月が経ちました。
今回は珍しく三日坊主で終わっていません。2月に入ってからは毎日かかさずローラー台の上でペダルをこいでおります。
と言っても距離は1日20km前後だし、時間も30~45分ぐらいです。たまに1時間半ぐらい走るときもありますが、私の場合、アトピーのため汗をかくと調子が悪く、あまり長距離は走れないのです。(と言い訳をしておく)

さて、Zwiftのことについては、過去記事の[こちら]や、[こちら]などにちょろっとだけ書いてますので、興味のある方はそちらもお読みください。
で、そのZwiftですが、コースは、Watopiaという南の島コース(道路は架空)と、Richmond(アメリカ合衆国バージニア州)市街地コースの2種類。ただし、それぞれに分かれ道を選択できるようになっていて、複数のコース設定を選ぶことができます。
そのWatpiaのほうですが、つい昨日までは工事中になっていた箇所が、今日は開通しておりました。早速そちらの新コースのほうに曲がってみることに・・・。

新コースは海中トンネルを通って隣の島へ。
新コースは海中トンネルを通って隣の島へ。

海中トンネルを抜けると隣の島に来ていました。そこからはいきなり登り坂。そして延々続きます。どこまで続くんじゃあ~と思いながらも黙々とペダルを踏み続けると、さすがに高度が上がってきて景色も抜群です。キーボードの数字キーを押すとカメラが切り替わるので、周りの風景も楽しむことができます。
それにしても長いヒルクライムです。ペダルをこいでもこいでも、なかなか先が見えてきません。だんだん高度が上がってくるに従って、周りは雪景色になってきます。時折、小雪がちらついたりします。路面も凍結してそうな雰囲気です。

新コース(激坂クライム)
新コース(激坂クライム)

45分ぐらいこぎ続けてようやく頂上に到達。周りは雪だらけですが、リアルの私自身は汗びっしょりです(汗かいたらアカンのに)。
そこからは一気に下りですが、かなりの激坂。画面上では凍結してそうな路面なのに、時速70kmでヘアピンを曲がるなんて、あり得ない!!(笑)
さすがはバーチャルライドです。

こんな感じで、今日はいつもより長く走ってしまいました。(おっと、仕事に支障が出てしまう!)