Photoshopでヅラ

Photoshop
Photoshop

Adobe Photoshop CC 2015.5 からでしょうか? いつの間にやらメニューの「選択範囲」の中に「選択とマスク」とかいう項目が・・・。
ツールボックスの「自動選択ツール」を選んだときにも、上部オプションバーの中に「選択とマスク」というボタンがあります。
そういえば、昔は「境界線を調整」というボタンだったと思うんですが、この機能が強化されているようですね。
例えば髪の毛とか毛皮の類いの、ふわふわもこもこしたものの輪郭を切り抜いたりするときに重宝する機能です。こういう機能が無かった時代は、消しゴムツールなどを使って丁寧に背景を消していくか、ペンツールで細かくカチカチとパスを描いて切り抜いていたわけですが、それだと思いっきり時間がかかる割に、仕上がり具合はというと、髪の毛がマンガみたいになりましたよね。それを思うとずいぶん便利になったものです。

さて、それでは早速練習いたしましょう!
練習台(サンプル画像)は、某社社長の頭部です(笑)。実物はかなり髪の毛が寂しくなってきましたので(悲)、Photoshopでヅラを被せてみました!(笑)
違和感なく頭皮に馴染ませるには、「選択とマスク」機能以外にも複数の操作を組み合わせなければなりませんので、それなりに苦労もあるのですが、「選択とマスク」のおかげでかなり時間短縮になることは間違いありません。

ここで皆さんにアンケートご協力のお願いです!
以下のヅラの中で最も良いと思われるものに投票お願いします。このブログには投票機能はないので、コメント欄に、○番と書いて投稿してくださいね。

1
1
2
2
3
3
4
4
5
5
6
7
7
8
8
9
9

ローラー台その4

心拍センサー
心拍センサー

新しいローラー台になってから楽しさ倍増していますが、ひとつ問題点が。(いえいえ、走ってばかりではありませんからね。ちゃんと仕事もしていますから。笑)

このローラー台は、ANT+という通信規格を使用しています。スピード、ケイデンスセンサーを自転車に取り付けなくてもローラー台が勝手に検出し、ANT+通信でパソコン側にデータを送信していますが、心拍センサーはBluetoothのものしか持っていないので、それを胸部に装着し、Zwift(バーチャルライドのゲーム)画面でペアリングを行っています。
このとき、媒介としてスマホを使用するのですが、最近、スマホのZwiftアプリを立ち上げると(Bluetooth通信を開始すると)、7割ぐらいの確率でANT+のほうのペアリングが「No Signal」と出てしまいます。

原因が何だかわからず、Zwiftを立ち上げなおしたり、ローラー台の電源ケーブルを挿しなおしたり、いろいろやってみましたが、うまくいくときもあったり、だめだったりの繰り返しです。

で、ふと思いついたのが、電波干渉。もしかしたらANT+とBluetoothが干渉しているのでは?
そう思って、試しに心拍センサーの使用を止めてみると、ANT+のペアリングは正常に作動し、走行中に途絶えることもなくなりました。
ただし、まだ数回しか試していないので、これが原因という確証を得たわけではありません。
もうしばらくこの状態で使ってみようと思います。
でもせっかく買った心拍センサーが使えないのは寂しいなあ。(それに、今年1月に買ったBluetoothのスピード・ケイデンスセンサー、サイクロコンピューター、Bluetooth受信機も無駄になっているよなあ)

サドルその2

おニューのサドル
SELLE SMP drakon

自転車ネタが続いております。(^_^;)
仕事はどうなっているんだ!としかられそうですが、もちろん仕事はしております!!(強調)web屋は仕事をしているから運動不足になってしまうんです。(決して言い訳じゃないですからっ)

以前にサドルを替えた記事を書きました。(こちらの記事参照)
それ以前に使用していたサドルが、あまりにも会陰部を圧迫して(ピーー)が痺れてくるので、真ん中に穴の空いているタイプを探し、購入したわけなのです。
その名も「SELE SMP drakon」。独特の形状をしております。座面がカーブを描いており、ノーズ部分はワシのクチバシみたいに下に下がっています。
同じような形状のものが同メーカーから多数種類販売されていますが、その中から比較的パッドが厚めのこちらを購入。しかし、パッドは思ったよりクッションが硬いです。なので、座る位置が悪いと結構痛いです。(>_<)
じゃあチョイス失敗かというとそうでもなく、ポジションとセッティングさえバッチリ決まれば、最高の座り心地となります。言い換えれば、ベストなポジション、ベストなセッティングのスウィートスポットがものすごく狭いということですね。かなりピンポイントです。これを少しでも外れると苦痛で耐えられなくなります。
中央の穴はかなり大きく開いているので、会陰部の圧迫はほぼゼロに近く、もう痺れることはありません。
総合的には交換して大正解なのですが、スウィートスポットが狭いという部分で星一つ減点です。
評価★★★★☆

ローラー台その3

QUBO
QUBO と COLNAGO

ANT+ドングル(ANT+通信規格の信号を受信する機器)が到着。(約2,000円)
これをパソコンのUSBにぶっ差します。さあこれでZwiftのトレーナー選択画面にQUBOが出てくるか?

・・・・・で、でっ、出ました!!
やっぱりこれだったのですね。(^∀^)ノ

ようやく本来の使い方ができるようになり、各数値がスマートトレーナーからのANT+通信によって画面上に表示されるようになりました。もちろん、従来のようにBluetoothセンサーを使っての計測も可能です。(ケイデンスに関してはBluetoothのほうが正確かもしれません。QUBOからのANT+信号では、一瞬変な数値が表示されるときがあります)
心拍センサーはBluetoothのものしか持っていませんので、それを使うのですが、現在は電池が切れているらしく、反応しません(-_-;)ので、ここ数日は使っていません。また電池買っときます。

とにかく自動負荷が楽しい!(笑)
平地は今までとほとんど変わりませんが、登り坂になるとその傾斜に合わせて負荷がかかってくるので、ついついヒルクライムコースを走りたくなってしまいます。
きょうは久しぶりにワトピアの山岳コースを走りました。1周30kmぐらいあります。
QUBOは最大斜度6%まで対応となっていますが、これはちょっとおかしいです。もしそうなら、6%を超えたら7%だろうが15%だろうが負荷は変わらないはずですが、Zwiftのコースで7%を超えてもまだまだ負荷は強くなります。13%~15%ぐらいになると強烈な負荷がかかるので、さすがにアウターのままではきついです。Zwiftをやりだして8ヶ月。初めてインナーを使いました。

2016年10月2日Zwiftワトピア山岳コース
2016年10月2日 Zwift ワトピア 山岳コース

山岳コースを1周すると1時間はかかるので、さすがに毎日は時間的に無理かもしれませんが、毎日走ってもきっと当分は飽きません。いやあ~買って良かったQUBO。

ローラー台その2

ELITE QUBO DIGITAL SMART B+
ELITE QUBO DIGITAL SMART B+

さてさて、きのうのブログに書いたように、前の3本ローラーがほぼ使えなくなったために新しくスマートトレーナー「ELITE QUBO DIGITAL SMART B+(名前が長いので、以下QUBOと略します)」を購入しました。

3本ローラーを使用していた時には、自転車のほうにBluetoothのスピード・ケイデンスセンサーを取り付けていたので、それで計測したデータをパソコン側で受け取るために、パソコンにBluetoothの受信機を取り付け、スマホを介してデータのやりとりをしていました。今度のスマートトレーナーは、ANT+、Bluetoothの両方の通信規格に対応しています。なので、そのままZwiftで使っても大丈夫だと思いました。(しかし実際にはそううまくはいかなかった。後述)

Zwiftを立ち上げると、最初に、ローラー台や各センサーの選択画面が出ます。

Zwiftのデバイス選択画面
Zwiftのデバイス選択画面

このときリストにQUBOのものが出てくるはずなのですが、なぜか出てきません。しかたがないので「Not Listing」にしてとりあえずOKボタンを押します。このとき、「Controllable Trainer」には今回のQUBOがリストに出ているので、それを忘れずに選択しておきます。

Zwift画面
Zwift画面

これでとりあえず走ってみることにしました。
まずはとにかく音が驚くほど静かです。ネットの口コミなどを見る限りでは、「そこそこ音はする」との声が多いのでちょっと構えてましたが、ローラーが回る音はほとんど気になりません。ただ負荷装置から周波数高めの「ぴーーーー」という音がしています。スピードが増すにつれて音が高くなります。音量的には充分許せる範囲でしょう。先日まで乗っていた3本ローラーのガラガラという音が、いかにひどい大音響だったかということですね。比較になりません。

細かい話ですが、前の3本ローラーでは、タイヤの接地している位置が床から十数センチ高いところにあるため、自転車に乗るときも降りるときも、足を一旦ローラー台のフレーム部分に乗せてから乗り降りする必要がありました。今回のQUBOはわずかに数センチですので床からの乗り降りも楽チンです。

Zwift画面
Zwift画面

さて走り出すと、登り坂で傾斜に合わせて負荷が自動的にかかっているのがわかります。かなりスムーズに、無段階っぽく負荷がかかっていくので、リアルで坂道を登っているような自然な感覚が体験できます。
傾斜がきつくなると負荷も強くなり、当然ギヤもシフトダウンしなければ登れなくなるので、走行中は頻繁にカチャカチャとギヤを変更します。これがまた楽しいです。前の3本ローラーのときは、画面上でどんなにアップダウンが繰り返されても、ペダルの重さは常に一定なので、ギヤは終始変えずにそのままで走っていました。これでまたひとつ、Zwiftの楽しみが増えた感じがします。

ところで、最初の設定画面のリストにQUBOが出てこなかった件について、私なりにいろいろ考えてみたのですが、もしかしたら、ANT+のドングル(電波の受信機みたいなもの)を装着すれば出てくるかも?・・・
それにしても解せません。QUBOはBluetoothにも対応しているので、普通に考えたらリストに出てくるはずなんだけど・・・。と、悶々としながら、ネットでポチしたANT+ドングルの到着を待つのでした。(続きはまた明日・・・)