アクションブリッジ

3本ローラーを…

Zwift
Zwift

自転車ネタが続いておりますが…。
私は10年ほど前に自転車用のローラー台を購入しました。ローラー台には大きく分けて2種類があります。
ひとつは、後輪を固定する固定ローラー。タイヤと接触しているローラーは1本の場合が多いです。
もうひとつは、私が使っているタイプですが3本ローラーというものです。文字通りローラーが3本ついております。このタイプは、前輪も後輪も固定しません。3本のローラーの上に自転車を乗せ、そのままペダルを回しますと、走ることができます。
固定していないので、実際の走行に近い感覚で走ることができますが、慣れないうちはバランスをとるのが難しく、私は最初よく脱輪、落車しました。しばらくすると慣れてきて、普通に走れるようになります。

ただ、やはり3本ローラーは固定式に比べると危険度は高いです。
足置きの台は絶対必要ですし、壁ぎわで走らないと、ふらついたときに脱輪、転倒する恐れがあります。
事実、私は2年ほど前にこの3本ローラーに乗っていて、大転倒して右肘を4針も縫う怪我をしました。
また、脱輪・転倒しなくても、常にバランスをとりながらの走行なので、身体に余計な力が入ったりして、疲れも倍増します。

Zwift(自転車走行ゲーム)をモニターに映してそれを見ながらお気楽にペダリング・・・いやいやそんな簡単なもんじゃない。
よそ見してると脱輪しそうになります。
これはやっぱり危ない!

一瞬、固定ローラーを新たに買うか?とも思いましたが、数万円の出費を覚悟しなければならないということと、今持っている3本ローラーが無駄になるということを考えると、さすがに躊躇してしまいます。

…で、いろいろ調べてみますと、3本ローラーを固定ローラーに変える部品があるというじゃありませんか。
その名も「アクションブリッジ」。
幸い、メーカーは同じMINOURAで、私のローラー台にも取り付けられそうです。
早速購入。お値段も6千円台後半と、安く手に入れることができました。
自転車の前輪を外して、ローラー台に取り付けたアクションブリッジにフロントフォークを装着します。

ローラー台フロントフォーク固定具2
自転車を装着したところ
ローラー台フロントフォーク固定具1
フロントフォークをアクションブリッジに装着。クイックレリーズだから簡単!
アクションブリッジ
これなら脱輪の恐れ無し!

乗ってみますと、
「おおーーっ!さすがに超安定ーー!!」
これなら脱輪も転倒もありません。
また身体に余計な力も入らず、ペダルを回すことだけに集中できますので、楽です!

・・・いえ。「楽」と言ってもさすがに30分もペダルをこいでいると、汗だくですし、ゼーゼーハーハー!!
全然楽じゃないです。
なんでこんなシンドイことしてるんやろ?
いやいや、そりゃ慢性的な運動不足の解消のためだろう!!
今回、センサーやらアクションブリッジやらと、お金も使ってるんだから、頑張らなあかんで!<私

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です