脱出ゲームというか探索アドベンチャーゲームというかノベルゲームというかそんなゲームを組み合わせたようなゲーム

REODA

Chapter-08 ─眉山─
▼ストーリーを最初から読む▼
▼あらすじだけ読む▼
▼ストーリーをスキップ▼
 
 
 

はじめにお読みください(重要)

1)一応モバイル対応です。(ブラウザによっては不具合あり)
パソコン・タブレット・スマートフォンでプレイできると思いますが、一部で不具合もあるようです。またスマホユーザーで通信量に制限のあるプランの方は、残量にご注意ください。
また、最新バージョンのブラウザをお使いください。※Opera、Firefoxでは不具合あり。Edgeは環境によってOKな場合とNGな場合とあり。

2)データはやや重め。
同じ入力装置で何度も間違えるとフリーズすることがあります。動作が重くなり動きが悪くなってきた場合は、再読み込みをしてみてください。

3)スマートフォンの方へ。端末の向き。
序盤のストーリーを読むときは縦向きが読みやすく、ゲーム画面では横向きのほうが大きく表示されてプレイしやすいです。

4)ゲーム画面では音が出ます。
電車内など音が出てはまずい場合は、ヘッドホン等を着用してください。

5)セーブポイント(保存場所)限定オートセーブ機能つきです。
ゲーム途中で終了させた場合、「つづきから」ボタンで最後に保存されたセーブポイントから続けることができます。(ゲットしたアイテムやパスなどは随時自動保存)
「はじめから」ボタンを押した場合は、保存されていたセーブデータはすべて初期化され、ゲームの最初に戻ります。

6)ゲーム画面は、あなたの目線になっています。
・画面の上下左右にある▲マークはそれぞれの方向を見たいときに押します。
 上=上を見る
 下=下を見る
 左=左を見る
 右=右を見る
・画面内の特定の場所をクリック(タップ)で前進(または拡大)(前進できない場合もあります)
・「BACK」ボタン=後退(または戻る)
・「TOP」ボタン=スタート画面に戻る
終了=ゲームを終了して株式会社ピクセル工房HOMEに戻る(Chapter-5以降は廃止)

ボタン類やドアノブなどはクリック(タップ)で作動。ゲットしたアイテムは自動選択されます。

7)ストーリーを理解するために、なるべく第1話から順番に。

8)制作秘話ブログあります。こちら

9)ご意見・ご感想はゲーム掲示板へ。
ゲーム掲示板

 

 

それでは、ゲームをお楽しみください。

はじめてこのシリーズをプレイされる方は、なるべくChapter-01(第1話)からプレイしてください。

Chapter-08
▼START▼

 
 
 
 
Chapter-08
─ 眉山 ─

前回のあらすじ

ISMO(国際保安警備機構)のメンバーの一人「ハント」は、誘拐されたとみられる科学者「レオダ」博士の救出と、新エネルギーのプロトタイプを保管する施設のパスワードが保存されているSDカードを回収する任務についていた。
イギリス、イタリア、アメリカに飛び、それぞれでSDカード回収に成功したが、博士の消息は未だにつかめず、また3枚のSDカードを合わせてもパスワードは不完全なものだった。
そして、以前にレオダ事務所で発見したSDカードには、もう一つ別の動画が隠されていた。

博士のメッセージ

 

玲尾田 敏智(レオダビンチ):
フォッフォッフォ・・・。
この隠しファイルも見つけてしまったようだな。お見事。

さてさて、いささか唐突ではあるが、ちょっと私の故郷について話をしよう。

私が生まれ育った徳島県は、四国の東部にあって、とても良いところだ。
自然に恵まれ、温暖な気候で、海の幸や山の幸など食べ物も美味しい。
四国一の大河「吉野川」や、四国第二の高峰「剣山」。祖谷のかずら橋、鳴門の渦潮・・・。



井川の腕山スキー場でスキーやスノボを楽しんだり、海陽町の浅川でサーフィンをしたり。
勝浦川で魚釣り。四国八十八箇所巡り。
サンマには特産のスダチをひとかけ。鳴門金時(サツマイモ)や、名物フィッシュカツも美味いし、徳島ラーメンも有名だ。
数え上げるときりがないほどの名所、観光地、新鮮で美味しい食べ物がてんこ盛りだ。
都会暮らしが長くなったが、やはり余生は田舎で過ごすのが一番だと密かに企んでいる。

そして、徳島を代表するものと言えば、これはもう、まごうことなく「阿波おどり」だろう!
「阿波おどり」は、今や全国各地で当たり前のように踊られ、世界的にも有名になったが、元々は徳島が発祥の地。本場なのだ。



お盆の阿波おどり本番の4日間は、人出が延べ130万人を超えるほどのビッグイベントだ。400年以上の歴史ある踊りを、本場で見るのも迫力あって楽しいものだぞ。
(残念ながら2020年はコロナ拡大を懸念して中止となった)




そうそう。
徳島市内には「眉山」という、標高280mほどの山があって、そこの頂上展望台からは徳島の市街地がよく見える。これは、下界から逆に眉山がよく見えるようにとの配慮で、あまり高いビルを建てないのだそうだ。


そのため、頂上から見る昼間の市街地は全然たいしたことはないが、夜景はまあまあ良い感じだ。さすがに100万ドルの夜景とまではいかないが、100ドル・・・ぐらいには見えるかも?(笑)
君も一度行ってみたまえ。
なにか、忘れていた宝物でも見つかるかもしれない。

20XX/YY/10 16:10

ハント

井居山 畔人(ハント):
・・・なんだよ!
単なるふるさと自慢じゃないかよ!

ティカ

ティカ:
ほんとだわ。ちょっとがっかり。

・・・いえ、でもね。
ん~~~と・・・。
そんな、単なるふるさと自慢を、なんでわざわざ隠しファイルにしてまであんな大事なSDカードに残しておくわけ?

ハント

ハント:
そう言われてみればそうだな。

・・・これはもしかしたら、その徳島の眉山とやらに、何か重要なカギが隠されているということなのかもしれない。
博士は「眉山に行け」というメッセージを残したんだ!

ティカ

ティカ:
そうね。
アタシもそう思うわ。

ティカ

ハント:
よしっ!
じゃあ徳島に直行だ!

徳島到着。

ハント

ハント:
「阿波おどり会館」だって!
博士の言うとおりさすがに本場だ。建物自体が提灯の形になってる。
ここからロープウェイで眉山頂上まで上がれるらしいぞ。

阿波おどり会館

眉山山頂。

ハント

ハント:
山頂に着いた。
展望台から眼下に徳島市街が広がって見えるが、さてどこにヒントが?

眉山

ティカ

ティカ:
展望台とか頂上周辺の公園みたいなところとかがあったら探索してみては?
mapで見た限りでは、展望台西側の駐車場よりさらに西にも公園があって、結構このエリア広いわね。探索のしがいがあるってものよ。

ハント

ハント:
何言ってんだ。何のヒントもなしにこの中から手がかりをつかむなんて、砂漠に落とした指輪を探すようなもんだぜ!

え~と。
とりあえず展望台周辺・・・

・・・な、なんだこれは?
手すり一面、南京錠だらけだ。数がハンパねぇっ! 
「恋人たちが永遠の愛を誓って南京錠をかける」んだってよ。


・・・お-お-。
ひときわ目立つ南京錠を発見。まあご丁寧に「REODA」と名前入り。
「何か重要なカギが隠されているかもしれない」とは言ったものの、リアルカギかいっ!
全っ然っっ隠されてなんかいないし(笑)。

で、これをどうしろと言うんだ?

ティカ

ティカ:
いや、ハントが今見ているのは、「鍵」じゃなくて「錠」。
「錠」はやっぱり「鍵」で開けるのよ。
でもそのためには「鍵」を探さなきゃ!

ハント

ハント:
そうか。
じゃあやっぱり「カギは隠されている」んだな?
つまり、またここでも宝探しをしなくちゃなんねえってわけだ!(やれやれ)

スマートフォンの方
ここからは端末を横向きにして下のボタンを押してプレイしてください。

パソコンの方はモニターの向きを変える必要はありません(笑)。

 

 

ご注意!! 今回もかなり重いです。(汗
何度も間違えるとフリーズすることがあります。動作が重くなってきたら、F5キーかブラウザの「更新」ボタンを押して、 再読み込みをして開始画面の「つづきから」ボタンでプレイを再開してください。

This time is also quite heavy. If you get stuck or don't go any further, press F5key or your browser's "Refresh" button to reload, and then use the "Continue" button on the start screen to play the continuation of the game.

 

 

▲ページの先頭へ▲